軌道修正 軌道修正 軌道修正
もういいや

 

《生きる》

作词.作曲:椎名もた

自翻,把一些没找到翻译的歌翻了一下

很好的一张砖,希望大家都能去听听,里面不少歌都有椎名自己的声音加进去,肥肠可爱了




《ワガハイは》*


ネコを被って*、それを脱ぐ方法を 

 伪装成猫咪一样乖巧的样子,一不小心

忘れたみたいで 

 就把自己原本的样子忘记了

ネコミミ指さしで ニヤケヅラの皆様に 

 对着我的猫耳朵窃笑的各位

吐き気覚えるね 

 让我感觉想吐


背が伸びたこと 

 像是我的个子长高了

あのドラマつまんないってこと 

 还有那个电视剧好无聊

伝えよう 僕の言葉で! 

 将这些想法用我的语言传达出来吧!

「にゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあ」 

 “喵喵喵喵喵喵喵喵喵喵喵喵喵喵喵喵”

ネコを被ったおべっかさえも 

 就连扮成猫咪装乖这件事都让我觉得

泣きべそになるね いい子じゃないからね 

 快要哭出来了,我真不是个好孩子啊


ヘンな絵を描いて はたまた泣いてみたり 

 画着奇奇怪怪的画,就感觉要哭起来了

こじらせたみたいで 

 闹起别扭来了似的

ネコミミをフードで 隠した"お仲間"たち

 用头巾把猫耳朵遮起来的“同伴”们 

それはそれでヤだね 

 这可真让人觉得生厌 


風邪をひいたこと 誕生日が近いってこと 

 我感冒了,我快过生日了

伝えよう 僕の言葉で! 

  将这些想法用我的语言传达出来吧!

「にゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあ」 

“喵喵喵喵喵喵喵喵喵喵喵喵喵喵喵喵”

二度と来ない「オハヨウ」さえも 

 对于不会再对我说的“早上好”也

強がりになるね 素直じゃないからね 

 逞强地装作不在意,因为我很不坦率啊


(でもでもでもでもでもでもでもでもでもでもでもでもでもでもでも) 

(可是可是可是可是可是可是可是可是可是可是可是可是可是可是可是)

ホント、ホントは知ってるでしょう? 

 其实,其实是知道的吧? 

このカーストが「平等」であることを) 

 这个种族制度名为“平等”

「にゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあにゃあ」 

“喵喵喵喵喵喵喵喵喵喵喵喵喵喵喵喵”

君でさえもサヨナラなんだね 

 就连你也对我说再见了

仕方がないね 何も言えないよね

 这也没办法,我无话可说啊



*标题出自夏目漱石的《我是猫(吾輩は猫である)》

*猫かぶって,双关语,一般意为装乖,卖乖,直译可译作扮成猫的样子



《プリーズテルミーミスターワンダー》


ねぇ、齧って、飲み込んで、吐きだせ 

 我说,就这样咀嚼,咽下去,再吐出来

ねぇ、聴かせて 泥臭い電子音を 

 我说,让我听听吧,俗气的电子音

目、湿って、塞いだ→未来を 

 湿润着眼眶,堵住了未来

そう、拾って、拾って、バラまく 

 没错,捡起来、捡起来,再扔掉

完全に溢れてる 

 完全溢出来的

ちょっとしたコーフク 

 那一点点幸福

"「君」を歌っていたら 

 “如果将你歌唱的话

「君」は離れてった"

 你就会变得远离我了” 

信じられないほど 

 过于想要相信

信じたい理想と

 到了无法相信的程度的理想和 

信じられないほど 

 过于不能相信

信じないアマノジャク 

 到了无法相信的程度的不坦率的人


栄光とともに崩れる 

 和荣耀一起崩塌了

踊れないね、笑う 

 我不会跳舞呢,笑着说 

\延長戦/ 

延长战/

石の上にも三年目

 到了功到渠成的时候 

何かあった、から 

 也该发生点什么了

\イッキ!イッキ!/ 

 一口气!一口气!/

"「最上」目指す気は無くて…" 

 “并没有以最顶尖为目标啦……”

戯けたフリして 

 假装说着这种蠢话

\嘘つきー!/ 

 骗人——!/

燦然と溢れるユメの 

 灿烂溢出的梦境的

カケラで手を切った 

 碎片将手割伤了

痛いや 

 好痛啊


ねぇ、齧って、飲み込んで、吐きだせ 

 我说,就这样咀嚼,咽下去,再吐出来

ねぇ、聴かせて 泥臭い電子音を 

 我说,让我听听吧,俗气的电子音

目、湿って、湿って、塞いだ→未来を 

湿润着眼眶,堵住了→未来

そう、拾って、拾って、拾って、バラまく 

 没错,捡起来、捡起来,再扔掉

完全にまとまらぬ 

 完全无法解决的

止まらないユニーク 

 没完没了的独创性

ちょっと遊んでたら 

 稍微随意地玩玩就

大戦争勃発 

 会有大战争爆发

"「カンチガイいいとこ」" 

 “就算是错觉也没关系”之类的

なんてカンチガって←それもカンチガイで 

 产生这样的错觉这也是错觉

なんかもう分からない… 

 总觉得搞不明白了…


成功者の口は揃う 

 成功者的说辞总是那一套

でもバカらしくて… 

 可是总觉得那好傻…

\そうそう、それがさー/ 

对对,还有啊—/

新聞届く音がなる 

 新闻的声音传过来了

「そろそろ目を醒ませ」 

 “差不多该醒来了”

\えー、だって/ 

 诶—但是/

「最上」目指すは重いぜ 

 以最顶尖为目标这种事太沉重啦

間抜けなステップで 

 用傻乎乎的步调走就好

\正直でよろしい!/ 

 你明白就好!/

燦然と溢れるユメの 

 灿烂溢出的梦境的

カケラも武器にして 

 碎片也成了武器

「痛いぜ?」 

 “很痛的啊?”

硝煙の口は嗤う 

 冒着硝烟的枪口嘲笑道


下手くそなギターを鳴らす 

 弹奏着不好听的吉他曲

「…誰かに届くはず」 

 心想着“…应该传达给谁了吧”

\高望みー!/ 

 想得美——!/

貴方の目に何年目? 

 在你眼里这是第几年? 

ひとまず、よろしくね 

 总而言之,请多指教吧

\いっせーのーせっ/ 

 一、二、三、上——/

「最上なんて言わずとも 

 “就算不以最顶尖为目标

誰かに残せたら」 

 只要能留给某人的话”

\ホントにー?/ 

 真的吗—?/

漠然としたままでも 

 哪怕一直都是漠然的样子也……

多分本当だよ。 

 大概是真的哦。

それじゃあね。

 那么再见啦。



这首歌歌词比较散,说一下我自己的理解:

我猜想歌词本身还是在讲椎名自己的感受,主要就是开始做音乐之后的心路历程,有一种感觉自己正在走向成功的窃喜,想要成为最顶尖的音乐人,可是又觉得是自己想太多了,害怕会被打击。最后表达了“哪怕我不去冲击最顶尖,只要我坚持,也能成为顶尖的人”这样的想法。

评论(1)
热度(20)