燦然と溢れるユメのカケラも武器にして
硝煙の口は嗤う